学校のボランティア

子供の学校がSchool Photoの日だったので、ボランティアとしてお手伝いに行ってきた。私の仕事は、子供達が個人写真を写す時の案内や席への指示、そして襟とかを直してあげたりと、けっこう忙しいポジションだった。でもこの機会にアメリカの小学生ってどんな感じなのかを見ることができてなかなか面白かった。子供の学校はキンダーから4年生までしかいないので、皆まだまだ子供なんだけど、高学年になるにつれて服装にも個性が現れてくる。一番印象に残っているのは、3年生くらいの男の子で、淡い色のシャツブラウスに、大きなガラスビーズの2連のネックレスをしていて、髪の毛を肩くらいまで長かった。個性が光ってるわ~。

まあ、そんなこんな(?)で、仕事を終え、ついでに娘をクラスルームでピックし一緒に帰ってきた。それで、帰り際に娘がまた「いつケーキ作ってくれるの?ほらイチゴのやつ。」と、いきなり言ってきた。この子は食べ物の事しか頭にないのだろうか・・・。それで私もくたくたに疲れていて何も考えたくなかったので、「じゃ、今日、作ろうかあ・・・。」と言ってしまった。午後からはのんびりしようと思っていたのに、またあの子の誘導尋問にのってしまった・・・。あ~疲れた疲れた。
b0185262_14583556.jpg

[PR]

by anemone-13 | 2009-10-23 00:00 | 島生活