6歳児の発想

日曜日に、友達家族が遊びに来るので、BBQでもしようと思っている。そしたら子供が伯父ちゃんも呼びたいと言い出した。伯父ちゃんていうのは、日本在住のマイ・ブラザー。「今日、飛行機に乗ったら明日着くよね?」とノリノリで提案してくる。多分、無理だと思うよと言っても納得しない。さらにエスカレートして、「明日、伯父ちゃんが来るかもしれないよ!」と、帰宅した父親に教えて、1人で盛り上がっている。それを聞いた父親は「え、ホント?!」と本気で驚いていた。

じゃ、本人に聞いてみなよ、と子供に言って、ブラザーに電話をかけてあげた。もちろん伯父ちゃんには、行けないと言われた。電話を切ってからまた、「なんで来れないんだろ~?」「日曜にじゃなくて、違う日でもいいって言ったのに・・・」と、まだ言っている。それじゃ、もっと具体的な説明をしてやろうと、「仕事しているから、簡単に長い休みはとれないんだよ。」(これで、納得するだろ!) が、しかし・・・「じゃ、すぐ来て、またすぐ帰ればいいでしょう?」と子供が言う。

なんて、自己中心的な発想だ・・・。こんな感じの問答がさらに続いた。これから先、人の立場に立って物事を考えることができるようになるのだろうか・・・この子は。不安だ。
[PR]

by anemone-13 | 2010-06-18 00:00 | 子供