<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

スプリングブレイク中

今週一週間は、スプリングブレイクで学校が休み。今回はキャンプのクラスを取らなかったので、どうしようかと思っていたけど、月と火はプレイデイト、水曜日の今日は、ナーサリーに行ったり、イースターエッグを作って、夜は友達ファミリーと会食。そして明日からポートランドへ小旅行に行くので、あっという間にスプリングブレイクは終わってしまいそう。もう4月よね~。

このあいだあった学校の音楽発表会。キンダーグループは皆で合唱です。さて、うちの子はどこにいるでしょう?
b0185262_1533068.jpg


所変わって、バトルポイントパーク。ここは、ベインブリッジの人気の公園で、パーク内には、テニスコート、サッカーフィールド、野球場、ローラーホッケー場、市民農園、天文観測場、子供の遊び場や大きな池など、色々なものがある。
b0185262_15375854.jpg
水鳥達も怖がらずのんびり泳いでいます。
b0185262_1538199.jpg
パーク内のポプラ並木。ここを見るといつも故郷を思い出します。ノスタルジア~。
b0185262_15415637.jpg

[PR]

by anemone-13 | 2010-03-31 00:00 | 島生活

晴天の青空が広がり気温も暖かかったので、おにぎりを食べながら庭ので、お花見っぽい事をしてみた。
b0185262_1461334.jpg
去年植えた、ソメイヨシノが満開です。春ですね~。

こんないい天気の日に、家にいるのはもったいないので、家から車で15分ほどのところの公園に行き、海を見ながら平和な気分にひたってしまった。この公園は、シアトル方面が一望できる場所なので、他の海辺の場所とはまた違った趣があります。島のビーチは場所によって、景色が様々なので、気分によってどこにするか選べたりします。
b0185262_14153898.jpg
水辺に行くとお決まりの「石投げ」。
[PR]

by anemone-13 | 2010-03-20 00:00 | 島生活

St. Patrick's Day

今日はアイルランドにキリスト教を広めた聖人パトリックの命日で、アイルランドから移民が多いアメリカでは「St. Patrick's Day」という名でお祝いする日。人々は、アイルランドの象徴としての色「緑」を身に付け、アイルランド料理を食べたりする。

食べ物に関わる祝いの日は外せない私としては、もちろんこの日、緑のシャツを着て、夕食はアイリッシュ料理をを作る。それとTadaの先祖の多くはアイリッシュなので、無視することもできない。
b0185262_13324466.jpg
今年のメニューも、お決まりの「コーンビーフ&キャベイジ、ソーダブレッド、グリーンピース入りマッシュポテト」。肉はルクルーゼでけっこう煮込んだので、柔らかく出来て大成功。

デザートは、何にしようか悩んで思いついたのが、このケーキ。
b0185262_1337248.jpg
緑色を取り入れたデザートってなかなか難しくて、結局、ジェロを使うことにしました。ジェロをクラッシュしたのを生クリームとケーキの間に挟み、あとはトッピング。自然食品嗜好には、この緑のフードカラーは邪道だけど、まあ臨機応変にね。
[PR]

by anemone-13 | 2010-03-17 00:00 | 食べ物(その他)

停電

日本語古本市が2ヶ月に一回、隣の隣街であり、今日はそれに友達と行ってきた。その街でゴハンを食べて買い物をして帰る頃になったら、急に風が強くなってきて、「あら春一番かしら。」なんて暢気に最初は考えていたけど、運転する道路には、かなり太い枝がガンガン落ちているし、大きな木が倒れて道の1/4を塞いでいたりしていた。「ここら辺がこうなら、私達が住む島はもっとスゴイかも・・・。停電になる可能性大だね。」って友達と話していたら、案の定、家に帰ったら電気がつかなかった。

私達のすんでる所ってすぐ停電になる。そのメインに理由として、木が沢山(森の中に家がある感じ。)あり、電線が今だに地下ではなく、電柱で島中をめぐらしているから。でもいつも2時間くらいで復旧するので、今回もすぐ電気が使えるかなと気楽に思っていたら・・・、なかなかつかない。

だんだん暗くなってきて、お腹もすいてきたので、しかたないからポータブルガスストーブ(鍋コンロ?)で、お好み焼きを作って子供と食べた。
b0185262_14195159.jpg
どうせ夕食はお好み焼きを作ろうと思っていたので材料はあったし、煮込み料理じゃないから、問題なし。(暗いことを除けばだけど。)

家中のエネルギー源は電気なので、停電になるともちろんヒーターが止まり、部屋も寒くなってくる。その時の頼りがこのストーブ。
b0185262_14373296.jpg
これはガスが燃料なので、停電時は私達に暖を与えてくれる。ありがと~!

で、電気が復旧したのが結局、その夜の8時半。約7時間の停電だった。長過ぎるよ!
[PR]

by anemone-13 | 2010-03-16 00:00 | 島生活

アイリッシュ・フェスティバル

今度の水曜日がSt. Patrick Dayということで、昨日と今日の週末にシアトルでアイリッシュ・フェスティバルがありました。昨日のパレードは残念ながら見に行けず、今日はフェスティバル会場だけ行ってきました。規模としてはあまり大きくなかったけど、私はアイリッシュダンスとケルティック音楽が大好きなので、すごく楽しかった!
b0185262_14145068.jpg
シアトルや近郊にアイリッシュダンスのスクールが何校かあって、そのパフォーマンスを見せてくれた。もちろんプロじゃないので完璧なダンスではないけど、リズミカルな音楽とアイリッシュダンス独特なステップを見てると心躍ってしまう。自分の子供に是非やってみて欲しいのだけれど・・・。「やりたくない。」ときっぱり言われてしまった。皆がしている髪型は嫌なんだって。(ほとんどのスクールは、女の子達の髪を長い縦巻きロールにして、後ろに垂らしている。)

バルーンアートがあったので、好きなのをリクエストしたら、これだもん・・・。
b0185262_14301069.jpg
他の女の子達は、お花とか犬とかリクエストしてたんですけど、うちの子はパイレーツの剣とベルトでした。ガクッ。
[PR]

by anemone-13 | 2010-03-14 00:00 | 島生活

また風邪

また、風邪をひいてしまい、凹んだ1週間だった。今シーズンの冬で3回目の風邪。いったいどういうことか?通常年1~2回の風邪で済む私なのに・・・なんで?ウォーキングを12月くらいから始めて、エクササイズをしているはずなのになんで?まったく納得がいかない。Tadaは、「体が強くなる前に、一時期弱くなる期間がる。」っていうんだけど本当かな。

私は、どこか調子が悪いと、思いっきり病気モードになってしまい、体調悪いオーラに囲まれる。考えもネガティブになってしまう。「気は病から」である。皆さんも風邪に気をつけて~。
b0185262_15175824.jpg


最近、北の地も日が長くなりました。6時半でもこのとおり明るいです。そしてもうすぐ夏時間に変更です。
b0185262_1520153.jpg

[PR]

by anemone-13 | 2010-03-11 00:00 | 島生活

ひな祭りの日

3月3日ってことで、我が一人娘の為に夕食は「ひな祭り」っぽくと考えていた。
b0185262_1358380.jpg
その日、ランチを娘と向かい合って食べていたら、なんだか彼女の左目が赤い。目が痛くないか聞いてみたら、「昨日、クラスで遊んでいる時に積み木を目にぶつけてしまった。」と思い出したように言う。目の中が赤いだけでなく、目の大きさも右目と比べて小さい。左目の見え方を聞くと、「あんまり良くみえない。フォギーな感じ。」と答えた。え、え、え~!

心配症の私はすぐ、担当医の小児科医Dr.モンクに連絡し、すぐ診てくれるというので行ってきた。Dr.モンクが目を診たところ、「大丈夫だと思うけど、目の中までは見えないので、眼科医に診てもらいましょう。」ってことになって、向かえのビルディングにある眼科医のオフィスまで連れて行ってくれた。そこでもっと精密に診てもらったところ、「特に異常はないみたいなので、数日して治らないならまた来てください。」ということだった。

とりあえず、ホッと一安心。でも時計を見るともう4時過ぎ。ガーン「ひな祭り」のゴハンを作らねば。でもあまり時間がないので、散らし寿司と鶏のから揚げしか作れなかった・・・。
b0185262_1412080.jpg
なんかちょっと寂しい「ひな祭り」ゴハン。ケーキとジェロ(子供の好物)は、午前中に作っていたので良かった。
[PR]

by anemone-13 | 2010-03-03 00:00 | 島生活

Race to Nowhere

友達に誘われて「Race to Nowhere」 (http://www.racetonowhere.com/)というドキュメンタリーフィルムを見に行ってきた。これはアメリカの子供(主にティーンネージャー)達が親から過剰に期待され、学校の宿題や習い事・スポーツに追われ、そのストレスから心身ともに病んでいる現状をレポートとしたフィルムである。今日はそれを見た後で、その監督への質疑応答の時間ももうけられていた。

ここ「ベインブリッジアイランド」「マーサーアイランド」の2ヶ所でこのイベントが行われたのだけれど、この二つの地区は、パブリック学区として、ワシントンで最も良いところで、教育熱心な家族が多く住んでいる。そんな場所に「詰め込み教育反対!」をテーマにしたフィルムを引っさげてやって来たのだから、「これはもう私達アイランダーへの挑戦?」である。

でも、考えさせられる事も色々あり、子供の教育ってどこまで熱心にしていいか悩むところだと思う。親としては、沢山の経験や機会を与えてあげたいのだけれど、それが子供の負担になる可能性もある。でもインド式教育は、「ハードルを高めに設定しておけば、子供の脳は柔軟なので、そのハードルにあわせて高くなる。」というのも納得したりする。また「頭の良さは、DNAが50%、用意された環境が50%」も、なるほどな~って思う。 うちの6歳児・・・どうしたもんか。
[PR]

by anemone-13 | 2010-03-01 00:00 | 島生活